税理士費用には規定があります。

ビル

税理士は税務問題の専門家として、「税務相談」、「税務関係書類の作成」、「税務代理行為」などの業務を行っています。
「税務相談」とは、税法の取り扱いに関する相談業務です。
「税務関係書類の作成」とは、税務署等へ提出する法人税や所得税などの申告書や届出書等の作成や相談業務です。
「税務代理行為」とは、税務署が実施する税務調査に立ち会い、代理人として対応する業務です。
これらの税理士業務の費用については、税理士会連合会が規定する報酬料金の規定があります。
また、税理士は、企業の会計帳簿の記帳代行や記帳指導などを行っています。
この記帳代行業務等を通じて、経営分析を行い、費用の節減や経営効率向上のアドバイスを行うこともできます。